スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国

丸々2日間、寝込んだ…
帰国の準備しなくては、と思っても、全く何もできなかったわ。。。

結局当日の朝、急いでパッキング。
出発前ギリギリでグルマとグルジに挨拶へ。
グルジは、私が弱々しく寝込んでいたのを知ってか知らぬか、
「ミュージシャンは体力が必要だ。…カラテを続けた方がいい!」
とのアドバイスをくださいました。。
 
そして置き荷物をさせてもらうため、
全ての荷物を持ってバルカンハウスへ。

p170321_1.jpg
ラナ、ヒロコさんには、いつもながら感謝大!!

ギリギリ、、、
ほんと、なんとかギリギリ出発できた。

p170321_2.jpg

ばいばい、インド。
またすぐ来ます。

デリーでの乗り継ぎで、具合悪くなってゼイハアしていたら、
イミグレーションの担当官が見かねて車椅子を用意してくれた。
運ばれてちょっと恥ずかしかったけど、本当に助かった。。。
エアインディアにしておいてよかった。
スポンサーサイト

急遽帰国の準備

早朝、姉より、祖母の訃報が届く。

おばあちゃん…
急いで、帰国のためのフライトを調べながら…
はっ!と思い出す。
そういえば、外国人登録の手続きが途中だった!
あの書類がないと出入国できなかったはず…

そこで、すぐにFRRO(Foreigner Regional Registration Office)へ向かったが、
今日は土曜日。開いてない…。
親切な通りがかりの人が、13:00に係員が来るよと教えてくれたので、
近くでお茶を飲みながら待つ。
スマホで航空券調べながら…
 
で、いつものちょっといじわるな係員が来た。
私を見るなり、あ〜また来た、みたいな顔して、
「今日はクローズだ!来週来週!」と。
でも、さすがに身内が死んで…と訳を話すと、
顔がキュっと変わって、臨時発行してくれた。
多少のイヤミなんて、もうへっちゃら。

そのあと、注文していたハルモニウムの件も
解決しておかないといけないと思い、
ラルバザールへ。
当初発送の予定だったけれど、
自分の手で日本まで運ぶことにした。

p170318_1.jpg

それから、行く約束をしていた、
ジョラサンコ・タクルバリでの
テジェンさんとヨゲーシュさんのコンサートにちょこっとだけ。

p170318_3.jpg

p170318_4.jpg

ダマールが、この季節感にも、疲れた身体にもマッチング。

ダマールはドゥルパドに近い雰囲気を持ったひとつのジャンルで、
春、特にホーリーの時期に演奏される。
14拍子のターラ名のことだと思っていたけれど、
ジャンル名からきているというのは、ダードラと同じってことだな。
 

帰宅してから、急激に具合が悪くなる。
夕食は食べられず、吐き気が続き、寝込んだ。

動き出す

ヴァサント・ウットサブ(ホーリー)も終わって、
やっとみんな動き出してきたって感じか…?

p170316_1.jpg
クラスメイトたち。

学生が何人か来ると、先生もやっと授業をする気になるみたいで。
(1人相手だとやらないっていうのは何っちゅうことか!!と思うのだけどね…)
今日はめずらしく、PC先生の授業。
ペシュカールをボル(口頭)で、ひとりずつ順にまわして。

そのあと、BB先生の授業もあるはずだったのに、
なぜか器楽科の子たちが、ずっと先生を捕まえておしゃべりをしていて、
結局タイムリミットに。

p170316_2.jpg

まあね〜、「気遣い」って言葉はインド人にはないよね〜。

*****

今日もバルカンハウスに寄って、
ヒロコさんと練習。
充実感。

学生食堂

今日の予定は、大学、からのバルカンハウス。

まずは、キャンティーン(学食)で腹ごしらえを。
どうも若者ばかりの中に入っていく気が進まず、
今までひとりではあまり使ったことがなかったのだけれど、
今日はお腹ペコペコだったので。

p170314_2.jpg

メニューはなかなか豊富。

なのに、
なぜかチョーメンを頼んでしまった。。。

p170314_1.jpg

SSG先生のクラスがあって、
クラスメイトの子も来て、
Rela と Raggi をちょびっと習って、
やっと4th semester (4学期)がスタートしたなあという感じ。
もう3月半ばなのにね…

*****
そのあと、バルカンハウスへ寄り、
武藤さんと練習。初合わせ!!

しかし、疲れも溜まっていたので、
なんだか朦朧としてしまっていたけれど。。。

シャンティニケタン日帰り

お誘いというか、お勧めというか…があったので、
強行で日帰りシャンティニケタン。

久しぶりのハウラー駅から、片道3時間。
p170313_1.jpg

こちらのライブラリーでおしごとされている
ニランジョンさんに会う。
p170313_2.jpg

p170313_3.jpg

しかし、強行すぎたわ…
も〜帰ろう!と思っても、電車本数少ないし、
やっと乗ったら激込みで、
ギュウギュウの中、3時間立ちっぱなしとか、
ありえない感じ…

疲れた。

profile

Ishida Shiori

Author:Ishida Shiori
石田紫織 プロフィール

Web Site

Mail

フォームよりお気軽にメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

Arcive

counter

検索

Copyright © Ishida Shiori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。