スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/8 RASA ~北インド芸術に魅せられた2人の、旅の途中のラサ語り~

160608rasa.jpg


アーメダバードで北インド舞踊「カタック」を学ぶ 堤菜穂、
コルカタで北インド打楽器「タブラ」を学ぶ 石田紫織'。
ともにインド留学し一時帰国中の2人が、
研鑽の途中経過を報告するべく一夜だけの公演を行います。

【日時】
6月8日(水) 19:00開場 / 19:30開演

【出演】
堤 菜穂(カタック)
石田 紫織(タブラ)
ゲスト 吉田こうき(シタール)

【料金】
ご予約2000円 / 当日2500円

【会場】
キッド・アイラック・アート・ホール(明大前)
http://kidailack.co.jp/
交通:京王線 / 京王井の頭線・明大前駅 徒歩2分
住所:東京都世田谷区松原2-43-11
電話:03-3322-5564(キッド・アイラック・アート・ホール)

【予約・お問合せ】
s.siwun@gmail.com
tel.080-3020-1383(Nao)
【協力】あぷさら

RASA: インド美学で、感情や感覚をあらわす言葉。北インド音楽や舞踊ではラサを正確に表現することが大変重要である。
スポンサーサイト

6/4、5 ★☆一時帰国ライブ☆★ Walking on Swaras

一時帰国の際に、2カ所で演奏いたします。
なんと8ヶ月ぶり! お会いできましたらうれしいです!!
160604_f.jpg

160604_b.jpg

Walking on Swaras
〜バーンスリーとタブラの夜〜

■ 6/4(土)
Special Live Dinner  Vol.11
【場所】デリーダイニング (関内)
 住所:横浜市中区山下町207 関内JSビル 1F  
 交通:根岸線「関内」または「石川町」各駅徒歩6分
【時間】開場 17:30 / 開演 20:00
 ※演奏開始までお食事をお楽しみください
【料金】¥2000(おひとり様)
 ※お食事のご注文をお願いいたします。  
 ※当日はお得なセットメニューのご用意もございます。
【定員】 26席限定 (予約制)
【ご予約】
Facebookでの参加メッセージ、またはお電話にて  
TEL:045-633-9393 (デリーダイニング)

6/5(日)
【場所】チェシュメ(笹塚)
 住所:東京都渋谷区笹塚2-13-13  
 交通:京王線笹塚駅徒歩5分、下北沢駅徒歩15分
【時間】開場 16:00 / 開演 16:30
 ※演奏後はお食事とご歓談をお楽しみください
【料金】予約 ¥2000 当日¥2500
 ※1ドリンクのご注文をお願いいたします。
 ※当日はスペシャルメニューもご用意いたします。
【ご予約】
Facebookでの参加メッセージ、
またはお電話、メールにて
TEL:050-3736-9635 (チェシュメ)
cheshmeh@rainineden.com

6/10(水) sorto&nodo「煩悩108」レコ発LIVE

いよいよ近づいてきました。
憧れのsorto&nodoの
CD&ハイレゾ音源リリースライブ@Super Deluxです。
数曲ゲストで参加させていただきます。

sorto2.jpg


sorto&nodo

超かっこいいサウンドデザイナーのご夫婦ユニットです。
初めて見たとき、他のどんなエレクトリック系とも違う音楽に釘付けのわたくしでした。

打ち込みelectricsの上で繰り広げられる
AOさんのギターやキーボードやELECTRIBEを駆使した演奏が
なんともロックでポップで、心にしみるものがあります。
と思ったら、AOさんは、バンドのサポートでギターを弾かれたり、
ご自身で弾き語りもされているので、情緒深い表現がベースにあるのです。

そして、なんだろう、この他にない感じ…
と思ったら、
yasukoさんの演奏。
フィールドレコーディングの素材を、曲に合わせてチョイスして
ライブで鳴らしていくんですが、これがまたびっくりでした!
音にとことんこだわっている独自の技法です。

sorto3.jpg


フィールドレコーディングに関しても、
サウンドエンジニアのAOさんだからこその
すばらしい&マニアックなものばかりで、
うわっなんだこれ〜!!と驚きの連続です。

私が参加させていただく曲では、
声明、遠雷、蝉の声、ニースの教会の響き、などなど
どれもハイクオリティーな音が、曲中にいろいろ飛び出します。
そしてそれが見事に音楽になっています。

動画貼ってみます。


私もelectricを駆使して…な〜んて思いましたが、
ここは素直にタブラひとつで挑みたいと思います。


Super Deluxの最高の音響環境で、サラウンドで聴ける
…というか音に包まれることができるというこの機会。
本当に贅沢です。

まだ聴いたことのない方も、
多くのみなさまに体験していただきたいです。
どうぞお見逃しなく!!

Super Deluxのサイトから予約すると、プレゼントがもらえるそうです!
https://www.super-deluxe.com/room/3903/


ちなみにCDタイトルは「煩悩108」。 
お二人の年齢を合わせて108歳だから、だそうで、
やっぱりハイセンス!

CDを買うと、SDカードがついていて、
CDでは表現出来ない音をPCに入れて聴けるそうです。


私のことばじゃ、どうも足りなくて、伝わりきらないと思うので、
Super Deluxのサイトにあった紹介文を転載します。

 2007年カンヌグランプリをとった”殯の森”そして昨年公開された”二つ目の窓”やCMの録音/mix、さらに2009年パリルーブル装飾博物館で展示された”花の屍”の12ch surround作品の制作、さらにはPA関係のengineer等、音に関して全て行うfield recording engineer AOが作ったunit。

 2008年山形龍岩祭で突発的に出来、2011年から本格的にLIVE/制作活動を始めたsorto&nodo。engineerとしてもよくsuper deluxeで夫婦でPAをやっており、以前はsurroundのevent"space echo deluxe"をレギュラーで行っていた事も有り、super deluxeとの関係も深いAO夫婦。そのunit"sorto&nodo"の1st albumがついに完成。縁多しsuper deluxeでのリリースライブとなる。

 baseはelectronica/dub technoだが、音楽とは別の要素、いわゆる効果音を音楽の一部の要素としてmixしていく手法は、AO夫婦がこよなく愛するENIGMA,ORBの影響が見え隠れするものだ。
 音楽部分はAOが担当、field recording engineerであるAOの録音した膨大なsound effectやAOが芝居などの仕事でsound designした音の断片をyasukoがchoiceし、一見keyとかとは無関係な素材を、まるでsynthのようにmixしていく。楽曲だけでは作れない音が出現してくるのだ。それがsorto&nodoの音。mix手法はまるで映画のよう。1曲1曲がshort filmみたいなmix。これもsorto&nodoならではの音。昨年カンヌ映画祭に招待された時にniceで録音した音源も多く使われている。

 今回のalbumは形はCDだが、実際は表面に張り付いているSD cardがmain、ここには非圧縮の96k24bit wav fileがはいっている。CDでは表現出来ない音を是非ともPCに入れて聞いて欲しい!
ちなみに108の意味は、CDをつくった時点で二人の年齢合わせて108歳、の意味。

 エスペラント語で"sorto"は運命、天命、巡り合わせ、"nodo"は結び目、絆を表す。

 そしてopening actはshelling。以前からレコ発の時は是非とも、とおもっていたunit。DJはAOのeventには絶対に欠かせないDJ kiori、映像は岸本智也、PAは私のよきライバルでもある大城直哉君、とsorto&nodoには欠かせないmemberが集まってくれた。

今回は当然5.0 surroundはmainで、さらに両sideを包み込むようにspが配置される。どこにいても音に包まれるdesignを考えている。sorto&nodoのLIVEはplayer側でsurroundをコントロールする、そんな一夜です。


■6/10(水)sorto&nodo「煩悩108」レコ発LIVE
【出演】sorto&nodo
ゲスト: 石田紫織 (tabla) 、shelling 、DJ kiori 、 岸本智也 、 大城直也
【時間】開場 18:45 / 開演 18:45
【場所】super-deluxe
住所:東京都港区西麻布3-1-25 B1F
交通:日比谷線/都営大江戸線六本木駅3番出口より徒歩5分
【料金】予約2000円 (特典アリ) / 当日3000円 (ドリンク別)
【ご予約・問】super delux web

9/3 むゆうじゅ@プーク人形劇場

いよいよです。
「むゆうじゅ」初の、自主公演です。

140903f.jpg

140903b.jpg

むゆうじゅのwebサイト
http://www.muyu-ju.com

2008年ダンサーのまゆみさんと日登美さんでグループを結成、その後ごうくんが加わり、私はさらにずっと後、2011年になってから加わりました。
それからしばらくして「むゆうじゅ」というグループ名が決まりました。

お誘いをいただいたときにはとてもうれしかったです。
足を悪くされたまゆみさんが、座って踊る独自の表現にチャレンジしていること、
日登美さんが、週に何度もまゆみさんの家に通って、一緒に創造と稽古を重ねていること、
ごうくんが賛同して、福祉施設を中心にボランティア公演をしていることなど、心を打たれました。
しかし、それをさしおいても、ずっと前から
3人のことはそれぞれ、パフォーマンスを見て知っていたし、
大好きなアーティストでしたので、二つ返事でした。

オディッシーでは、通常打楽器はパカワジで伴奏されますが、
私はタブラに置き換えて伴奏しています。
ダンサーのラサ表現を感じながら、感情を込めて演奏するのが、
私にはとても合っていると自分で思っています。
また、共演のミュージシャンもみんな、
特に情感豊かに演奏するタイプの方々なので、とても刺激的で楽しいです。

昨年からは、演出家の理恵子さんが参加してくださるようになり、
その演出にはいつもおどろきっぱなしです。
ちょっとしたこと、たとえば、セリフの速度とか、歯を見せるか見せないかとか、
そういうことでこんなに印象が変わるのか〜!といった感じです。
リハーサルの度に、変化していって、感動しています。
理恵子さんもまた、素晴らしく魅力的な方なのです。
1408muyuu.jpg


そして、やはり昨年から美術のガメラさんが協力してくださるようになり、
これがまた、本当におどろきです。
むゆうじゅの椅子は、組み立て式でどこへでも持って行け、
そして二人の身体の大きさに合わせて作られています。
むゆうじゅのイラストをご自身で描いて作ってくださった背景幕は、
どんな場所でも設置できるように工夫されています。
プロフェッショナルなアイデアに、いつもわくわくししています。
_DSC6436.jpg


昨年はオディッシーダンサー晴子さんのおかげで、
カルフォルニア公演が実現しました。
1075809_10200876974518432_871279786_n.jpg


今年はボーカリスト英里さんのおかげで、沖縄公演が実現しました。
P6280132.jpg


どんどんと、たくさんの強力な方の協力が加わって、
進化し続けています。

まゆみさんと日登美さんの魅力が、どんどん人を惹き付けている、
そんな気がします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「むゆうじゅ」は、福島まゆみ、桐山日登美のオディッシィダンサー2人に、音楽メンバーGo Arai(シタール/
ヴァイオリン)、石田紫織(タブラ)を加えたグループです。2008年の結成以降、インド古典舞踊に「語る台詞」を加えた、「舞踊劇」とも呼ぶべき全く新しいジャンルを追及しています。 伝統的なインド舞踊とは少し異なりますが、ぜひ一度ご覧いただけたらと思っています。

今回の演目は「ギータ・ゴーヴィンダ」より2編。
恋愛という、誰もが体験する身近な出来事が、苦しみや悩み、官能の歓喜も含めて「祈り」へ浄化する瞬間。日本語のセリフを加えることで、より親しみやすく、劇的な展開をお楽しみいただけることと思います。

「般若心経(Heart Sutra)」は、「むゆうじゅ」のオリジナル。丹念な読経の聞き取りを経て、サンスクリット語の原典と伊藤比呂美さんの日本語訳をもとに、ダンスと音楽が一からつくられました。ダンサーが歌い、詩を語っていきます。難解とも言われる「空(くう)」の思想ですが、「空」の力強い充実を、舞台を通して受け取っていただければと願っています。

そしてオディッシィでよく踊られるアイテム「モクシャ」

ゲストミュージシャンとして、寺原太郎(バーンスリー)、ジャンルを超えたシンガーソングライター善哉和也(ヴォーカル)を加え、音楽もたっぷりお聞かせします。また、台本・演出の垣花理恵子は、指揮者西本智実氏プロデュースのクラシックバレエ公演で字幕台本等を手掛けた異色の経歴をもちます。美術、照明のアレンジも、「祈り」の諸相を大胆に表出する斬新なものとなっています。

どうぞよろしくお願いいたします。


「Heart Sutra 2014」

9月3日(水) 
[会場] プーク人形劇場(JR新宿駅南口徒歩7分)

[時間] 昼の部 15:30 /夜の部19:00(開場はいずれも30分前より)
[料金] 前売り3500円、当日3800円

[出演] Odissi Dance Group むゆうじゅ 
福島まゆみ・桐山日登美(オディッシィ) 
Go Arai(シタール、バイオリン) 石田紫織(タブラ) 
善哉和也(ヴォーカル) 寺原太郎(バンスリー) 

[スタッフ] 
演出:垣花理恵子 舞台監督、美術:束原繁 
照明:まえだへとし(ライトウェイブ) 音響:岡村陽一 
写真:出口信一 衣装:大林清子 

[主催] Odissi Dance Group むゆうじゅ http://www.muyu-ju.com/
[後援] インド大使館 

8/30 チャッパルはいていこう!!

夏の終わりに… チャッパル履いて来てね。
いいことあるかも♫
(ちょこっと一品サービスあるかも)

140830_f.png

8/30、チャッパルズの、東京では久しぶりのライブが、
笹塚チェシュメであります!

主な活動場所が、
斉藤勇(シタール、尺八)→新潟
吉田こうき(シタール)→愛知
石田紫織(タブラ) →神奈川

なので、ごくたまにしかライブはありませんが、
ここ数年は毎夏に新潟でやらせていただいています。
今年も7/27に新潟市の「ギャラリーカフェ悠」さんで開催しました。

1407chappals2.jpg


チャッパルズの結成は2007年。
しかし元をたどれば、それより20年くらい前…

斉藤氏(千葉大学出身)とこうき氏(実家が稲毛)は
大学生時代に千葉県でロック&ブルースバンドを組んでいたらしい。
(サンダルズという名の。)
二人ともいつのまにかギターからシタールに持ちかえてしまったのですね。

インド音楽はルールが分かっていれば誰とでも演奏できるような気がしますが、
とはいえ、やっぱり相性ってものがありますよね…
斉藤氏とこうき氏がふたりでシタールを弾くと(いわゆるジュガルバンディ)、
ほんとに「こりゃバンドだなっ」と思うような、
リードギターとバッキングみたいだったり、
ハイクオリティな掛け合いや、駆け引きが繰り広げられます。

あまりにかっこよく楽しそうなんで、
私も一緒にやりたいな〜と、まぜてもらったのがきっかけです。
しかしそのあとすぐに、斉藤氏が実家の新潟に戻ってしまい、
なかなか合わせることができなくなってしまいました。

それでも、たまに会うと、二人は実に楽しそうに、少年のように、
シタールセッションをしたり、音楽について談義したりするのでした。

そんなチャッパルズも回を重ね、
古典もそれ以外の曲も、他にはないものに仕上がっています。
是非みなさまに楽しんでいただきたいと思います。

インド古典音楽のジュガルバンディに加え、
邦楽曲も毎回演奏しています。
斉藤氏は尺八プレイヤーでもあるので、尺八を聴かせる曲です。
ポップス・ロックのカバーも毎回やっています。
ギターやマンドリンが登場することも。
今年は、それぞれの敬愛する、
昨年亡くなったアーティスト・トリビュートの演目を予定しています。



久しぶりの東京ライブ(次いつになるかもわからないですよ〜)、
是非ぜひ!おこしください!必見!!

■8/30(土)「チャッパルはいていこうin東京」
チャッパルズライブ 
〜北インド古典音楽と、インド楽器で奏でるポップロックや邦楽曲〜
【場所】チェシュメ(笹塚)
 http://www.rainineden.com/cheshmeh/
 東京都渋谷区笹塚2-13-13
【時間】open 18:00 / start18:30
【料金】予約 ¥2000 当日¥2500 +1drinkオーダー
【出演】チャッパルズ
 斉藤勇(シタール、尺八) http://dd-echigo.jimdo.com/
 吉田こうき(シタール) http://www.yoshidakoki.com/
 石田紫織(タブラ)
☆ご予約は、私にメールください。


それに加え、なんと!
この日、チャッパルズのライブ後(20:30)に、
ぞくぞくとワールドミュージックloverが集まり、
ジャムセッションが開催されるらしいです。
聞くところによると、
ウクライナのフィドルプレーヤーAnna Gladkova、
筑前琵琶のYuko Nakamura、
アフガンルバーブのKelly Williams、
and more…

こちらは投げ銭制。
私たちも時間の許す限り残って、参加してみたいと思いますので、
みなさまも是非ゆっくり楽しんでいってくださいね。
FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/1426854770889983/
チェシュメ 問い合わせ
cheshmeh@rainineden.com

profile

Ishida Shiori

Author:Ishida Shiori
石田紫織 プロフィール

Web Site

Mail

フォームよりお気軽にメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

Arcive

counter

Copyright © Ishida Shiori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。