スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/3 TALKS with Kenji Inoue ありがとうございました!

井上さん、ステージに戻って来てくださって、
本当に本当にありがとうございます。

p171203talks2.jpg

そして、この日を待ち望んでいた、井上さんを愛する皆様と一緒に、
その瞬間を迎えることができて、本当にうれしかったです。

言葉にならない喜び。 感謝!!

そして、Namaste groupさま、
井上さんのご闘病中にいち早く支援サイトを立ち上げ、
そしてご回復の兆しが見えるとすぐにこの復帰公演を企画してくださり、
改めて敬意と感謝を送ります。



当日は、井上さんのファン、友人、音楽仲間、インド音楽の後輩たちなど、
つながりのある人で会場がいっぱいになりました。

Facebook上にあがる井上さんの闘病記のポストを、
みんなで一丸となって応援していたので、
すでに、みんな知り合いのような、心でつながっているような、
そんな感覚がありました。


オープニング・アクトとして、
gumiさん、tikoさん、圭吾さんとの演奏。

p171203talks1.jpg

バーンスリーgumiくんとの演奏は、
昨年井上さんがアレンジしてくださった
横浜でのデリーダイニングのライブ以来。
古典音楽を堅実に演奏しながらも音の上を軽やかに浮遊する感じが心地よく、
さらにスワルマンダルtikoさんとサウンドクリエイター圭吾さんが加わると、
とても厚みが出て、劇的というか、ストーリー性まで感じました。
途中初めて体験するようなバイブレーションを感じ…
会場が美しい音の波で包まれるようでした…
楽しかった。。。
 


そして井上さんがステージへ。
実は、私は、ステージ上で感極まってしまわないように、
前もって井上さんのお宅にリハーサルに伺って再会を果たしておいたのですが、
ステージ上から、みなさま全員の、
なんとも言えぬ笑顔、歓びと安堵の表情を拝見して、
それで結局泣きそうになってしまいました。

ラーガはpoorviでした。
かなり体力的にしんどい中で、練習して、リハビリして、
やっと感覚を取り戻せてきた、、、
というように話されていたので、
あまりご無理されないように…などと心配しながら、
寄り添うように伴奏できたら、なんて思っていたのですが、
演奏が始まると、心の奥に触れるような歌い回しが響き、
あっという間に井上さんの音楽に引き込まれました。
そして演奏が進み、その音に満たされる中で、結局は
「先輩!! わあ、それ素敵ですね!! あ、こんなのどうですか?!」
というような、以前と変わらぬ音楽の対話をしてしまっていました。
それは、井上さんの懐が、どこまでも深いからです。
退院してたった3ヵ月のリハビリで、
完璧にステージ復帰を果たされたことに感動しました。

p171203talks4.jpg

p171203talks3.jpg




トークインタビューでは、質問者が、
質問するというよりは、
井上さんのすごさを興奮ぎみに熱く語る感じになっていました。
井上さんはユーモアを交えてそれに応えて下さっていましたが、
言葉の端々から、本当にどこまでも、シンプルに、
音楽の人だなあと改めて感じました。

「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい」
というマハトマ・ガンディーの言葉を支えにされていたそうで、
井上さんがこの言葉をゆっくりと語ったときに、
いろいろなものとリンクして、また涙がこみ上げて来ました。

あと、若い頃の自分に言いたいことは? という質問に対して
「健康診断しなさい。」って…(笑。



今回、個人的には、2年間の留学を終えての再始動ライブでした。
井上さんのご病気を知ったときや、
復帰コンサートを10月にやるというお話があったときなど、
途中で何度か切り上げて帰国しようかと思ったりもしたのですが、
井上さんと留学期間中にコルカタで会った時に
「ここまで本気でインド音楽をやってくれる後輩がいてうれしい、がんばって!!」
と言ってくださったのを思い出し、踏みとどまって、
なんとかこの修行をやりきることにしました。
がんばって練習したから、少しは伴奏上達したかな?
井上さんの居るステージに近づけたかな?と思っていたら、
1年ぶりに演奏ご一緒させていただいた井上さんは、
今度はまた別の、さらに崇高なステージにいらっしゃる。
まだまだ学ぶことがたくさんだなと思いました。

ますますご回復されて、後輩たちを導き続け、
たくさんの方々に感動を与え続けてほしい、と願っています!



打ち上げはデリーダイニングで。
井上さんの超マニアックなリクエストに
応えることができるのは、この店だけ^^
おいしいもの、もまだまだたくさんおしえてもらえそう!

p171203_8.jpg




スポンサーサイト

5/20 むゆうじゅ「叫びの海 Sea of Shouts」ありがとうございました

今回で3回目となった、新宿プーク人形劇場でのむゆうじゅ公演、
おこしくださいました皆様、応援してくださいました皆様、
ありがとうございました!

170520puk_shugou2.jpg

p170520puk2.jpg

p170520puk3.jpg

p170520puk4.jpg

p170520puk5.jpg

p170520puk_shugou1.jpg

5/14 RASA#2 ありがとうございました

横浜は中華街の、シルクロード舞踏館にて行われた
「RASA#2 〜北インド芸術に魅せられた2人の旅の途中のラサ語り〜」
お越し下さいましたみなさま、ありがとうございました!

写真撮影:Hikaru Ito 様 ありがとうございます!
ITO_36296.jpg

ICCR奨学生同期(2015年度)で
アーメダバードに留学中のカタックなおちゃんと
昨年に引き続きちょうど同じ時期に一時帰国中なので
ライブを開催することにしました。

今回は友人知人に修行の成果を披露するような目的で、
よりカジュアルなライブにしよう、という意向もあり、
またお互いの都合でリハーサルが直前になってしまうこともあって、
昨年より共演でのパフォーマンスはコンパクトに、、
その分、トークを入れることになり。。

インド留学のこととか、インド生活のこととか。
トークショーなんて慣れないことなので、、、
よかったのかどうか微妙だな〜〜(笑。
来てくれた友人知人から「おもしろかった!」との感想をいただいたのでホッとしたけどね。

ITO_36133.jpg
 
なおちゃんの踊りはもちろん、ラサ表現もまた磨きがかかっていて美しかった。

ITO_36231.jpg
 
カタックの伴奏共演は、やはり信頼度ピカイチのこうきさんに。
ガットの演奏も楽しい

ITO_36202.jpg

また2人とも修行に戻ります。
#3、お楽しみに!

5/12 「パドマオーラナイト2」ありがとうございました!

「パドマオーラナイトⅡ 生演奏・インド古典舞踊カタック公演」
ありがとうございました!

p170512_1.jpg

この公演は、クンジュビハアリ先生の
「ディクシャ20周年記念コンサート」でもありました。
クンジュビハアリという名前を、
ブリンダーバンのグルから授かって20年ということです。
すばらしいですね。
このような記念のコンサートでタブラを叩かせていただき光栄でした。



プログラムは、オープニングアクトとして
曼荼羅真里さんのうたと、
クンジュビハアリ先生の生徒である
杉浦恵美子さん、マシャさんのカタック。それぞれソロで。
こちらはクンジュビハアリ先生がタブラを叩かれました。
さすが、Pt.ビルジュ・マハラジのお弟子さま、、
ダンスだけではなくタブラもされるのですね。
素晴らしかったです。

p170512_3.jpg

途中音楽の部をはさみ、
そして、真里さんとクンジュ先生のデュエット、
そして、drutでは先生のソロパフォーマンス、
という盛りだくさんの内容でした。
キレのあるカタックダンスと表現力、素晴らしかったです。

p170512_2.jpg



クンジュビハアリ先生を初めて拝見したのは、
たしか音や金時でのインド音楽オールナイトイベント、、
私がインド音楽をはじめてから間もなかったから
たぶん15年前くらい?
初めて見たカタックダンスでもあり、
すごいかっこいい!!と興奮したのを覚えています。
ガネーシャのダンスを解説を交えながら踊られていて、
今でもあの衝撃は忘れられません。
 
それが、パフォーマンスご一緒できるなんて!
ありがたいことです。
お誘いいただいたこうきさんにも感謝です。

今回一時帰国中ということもあり、
かなりバタバタな中でしたが、
静岡のガネーシャスタジオを訪れ、
リハーサルさせていただいたり、
おいしいベジタリアンカレーをいただいたりしたのも
ありがたいことでした。

みんなで前乗りしてのセッティングも楽しかったです。

またご一緒できますように。
東京エリアや名古屋エリアでも企画できればいいですね。
たくさんの方に見ていただきたい本物のインド芸能です。

4/23 チェシュメのチャリティイベント、ありがとございました

p170423_1.jpg

「Fundraising for Dad and Mom パパちゃんとママちゃんのために」
22日、23日、と2日間にわたって開催され
私は23日のほうに駆けつけるだけのつもりでしたが、
Rain in Edenの演奏に交ざらせていただきました。

以下、FBのイベントページより

 
私事で恐縮ですが、両親の入院費・手術代を集めるチャリティイベントを開催させて頂きます。チェシュメお馴染みのミュージシャンたちが集まり無償にてライブしてくれる事になりました。

皆さんの助けを求める事、本当に良いのだろうかと悩みに悩みましたが…今は考え過ぎる前に行動してみようと思います。
募金サイトのご案内・募金箱など置かせて頂きますので、ご協力をよろしくお願いいたします。



23rd Sunday
14:00-18:00 シルクロードグッズ・ビンテージグッズ・楽器の青空マーケット
18:00 - 18:30 Masahiro Nagase
18:40 - 19:00 手代木 里沙
19:10 - 19:40 阿坐弥 アザミ
20:00 - 20:30 Sag Cha -na (Kazuhiro Minowa+Yuzo Hisada) + Yumiko Katayama
20:40 - 21:00 Jean-Paul Richard + Kelly + Megumi
21:10 - 21:40 Rain In Eden + 紫織 + Sag Cha -na + Anya


チェシュメのママパパには、本当にお世話になっていて、特にRain in Edenに参加していた時期には、大量の楽器とメンバーを車で送り迎えして下さったり、リハに行くと「ごくろうさん!」と声をかけて下さったり、ライブを後ろのほうで見守っていて下さったりと、いつも愛情をふんわりと注いでくださり、Rainの親、といった存在でした。

そんなママパパが営んでいらした小料理屋をめぐ美さんが継いでリニューアルオープンしたのがチェシュメ。
久しぶりのチェシュメは、たくさんの愛が集まっていて、キラキラとしていました。

ママパパ、少しでもはやく、よくなりますように。
みんなの祈りが、音楽にのって、しっかりと届きますように!

寄付はサイトでも継続して受け付けています。

https://gogetfunding.com/TokyoMomDad/


photo: サブさん、ありがとうございます!
p170423_2.jpg

p170423_3.jpg
ウズベクダンスのアーニャさんとははじめてのセッション。美しいネ!

久しぶりのRainでの演奏…
みのわさんゆうぞうさんも一緒というスペシャル復活ライブは
始まってみるとあまりに自然で…
つい数日前に一緒に演奏したかのような。
曲中にめぐ美さんと目で会話できてしまったり。
身体が、曲の構成やメンバーのクセを今でも覚えているみたいで、
不思議なものだなあと思いました。。

やっぱりRain in Eden が大好きだ!

profile

Ishida Shiori

Author:Ishida Shiori
石田紫織 プロフィール

Web Site

Mail

フォームよりお気軽にメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

Arcive

counter

Copyright © Ishida Shiori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。