スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/20 むゆうじゅ「叫びの海 Sea of Shouts」ありがとうございました

今回で3回目となった、新宿プーク人形劇場でのむゆうじゅ公演、
おこしくださいました皆様、応援してくださいました皆様、
ありがとうございました!

170520puk_shugou2.jpg

p170520puk2.jpg

p170520puk3.jpg

p170520puk4.jpg

p170520puk5.jpg

p170520puk_shugou1.jpg
スポンサーサイト

5/14 RASA#2 ありがとうございました

横浜は中華街の、シルクロード舞踏館にて行われた
「RASA#2 〜北インド芸術に魅せられた2人の旅の途中のラサ語り〜」
お越し下さいましたみなさま、ありがとうございました!

写真撮影:Hikaru Ito 様 ありがとうございます!
ITO_36296.jpg

ICCR奨学生同期(2015年度)で
アーメダバードに留学中のカタックなおちゃんと
昨年に引き続きちょうど同じ時期に一時帰国中なので
ライブを開催することにしました。

今回は友人知人に修行の成果を披露するような目的で、
よりカジュアルなライブにしよう、という意向もあり、
またお互いの都合でリハーサルが直前になってしまうこともあって、
昨年より共演でのパフォーマンスはコンパクトに、、
その分、トークを入れることになり。。

インド留学のこととか、インド生活のこととか。
トークショーなんて慣れないことなので、、、
よかったのかどうか微妙だな〜〜(笑。
来てくれた友人知人から「おもしろかった!」との感想をいただいたのでホッとしたけどね。

ITO_36133.jpg
 
なおちゃんの踊りはもちろん、ラサ表現もまた磨きがかかっていて美しかった。

ITO_36231.jpg
 
カタックの伴奏共演は、やはり信頼度ピカイチのこうきさんに。
ガットの演奏も楽しい

ITO_36202.jpg

また2人とも修行に戻ります。
#3、お楽しみに!

5/12 「パドマオーラナイト2」ありがとうございました!

「パドマオーラナイトⅡ 生演奏・インド古典舞踊カタック公演」
ありがとうございました!

p170512_1.jpg

この公演は、クンジュビハアリ先生の
「ディクシャ20周年記念コンサート」でもありました。
クンジュビハアリという名前を、
ブリンダーバンのグルから授かって20年ということです。
すばらしいですね。
このような記念のコンサートでタブラを叩かせていただき光栄でした。

p170512_2.jpg

p170512_3.jpg

4/23 チェシュメのチャリティイベント、ありがとございました

p170423_1.jpg

「Fundraising for Dad and Mom パパちゃんとママちゃんのために」
22日、23日、と2日間にわたって開催され
私は23日のほうに駆けつけるだけのつもりでしたが、
Rain in Edenの演奏に交ざらせていただきました。

以下、FBのイベントページより

 
私事で恐縮ですが、両親の入院費・手術代を集めるチャリティイベントを開催させて頂きます。チェシュメお馴染みのミュージシャンたちが集まり無償にてライブしてくれる事になりました。

皆さんの助けを求める事、本当に良いのだろうかと悩みに悩みましたが…今は考え過ぎる前に行動してみようと思います。
募金サイトのご案内・募金箱など置かせて頂きますので、ご協力をよろしくお願いいたします。



23rd Sunday
14:00-18:00 シルクロードグッズ・ビンテージグッズ・楽器の青空マーケット
18:00 - 18:30 Masahiro Nagase
18:40 - 19:00 手代木 里沙
19:10 - 19:40 阿坐弥 アザミ
20:00 - 20:30 Sag Cha -na (Kazuhiro Minowa+Yuzo Hisada) + Yumiko Katayama
20:40 - 21:00 Jean-Paul Richard + Kelly + Megumi
21:10 - 21:40 Rain In Eden + 紫織 + Sag Cha -na + Anya


チェシュメのママパパには、本当にお世話になっていて、特にRain in Edenに参加していた時期には、大量の楽器とメンバーを車で送り迎えして下さったり、リハに行くと「ごくろうさん!」と声をかけて下さったり、ライブを後ろのほうで見守っていて下さったりと、いつも愛情をふんわりと注いでくださり、Rainの親、といった存在でした。

そんなママパパが営んでいらした小料理屋をめぐ美さんが継いでリニューアルオープンしたのがチェシュメ。
久しぶりのチェシュメは、たくさんの愛が集まっていて、キラキラとしていました。

ママパパ、少しでもはやく、よくなりますように。
みんなの祈りが、音楽にのって、しっかりと届きますように!

寄付はサイトでも継続して受け付けています。

https://gogetfunding.com/TokyoMomDad/


photo: サブさん、ありがとうございます!
p170423_2.jpg

p170423_3.jpg
ウズベクダンスのアーニャさんとははじめてのセッション。美しいネ!

久しぶりのRainでの演奏…
みのわさんゆうぞうさんも一緒というスペシャル復活ライブは
始まってみるとあまりに自然で…
つい数日前に一緒に演奏したかのような。
曲中にめぐ美さんと目で会話できてしまったり。
身体が、曲の構成やメンバーのクセを今でも覚えているみたいで、
不思議なものだなあと思いました。。

やっぱりRain in Eden が大好きだ!

「点の記譜法 6」ありがとうございました。

「点の記譜法#6」、楽しかったです。
お越し下さいましたみなさま、共演者のみなさま、
ありがとうございました!

170422_1.jpg

写真はすべて、FBより。
ゆうぞうさんありがとうございます。
ゆうぞうさんご友人撮影のも拝借しています。
 

約半年ぶりになる、日本でのライブ…
9ヵ月ほど前、、、そう、去年の7月に出演が決まったんだった。
確か、コルカタの憩いの場「cafe coffee day」サントシュプール店に
エアコン目当てで行って、涼んでいたときに
メールが来て、やりとりしたんだったよな。
 
 
田中悠宇吾さん企画のライブシリーズ、
『西洋占星術と音楽の空間における相互作用を考察する「点の記譜法」。』


実は以前から、このイベント面白そうだなあ、、と思っていたんだよね。
それにゆうごくんとの共演ははじめて。
そして会場は喫茶茶会記、主旨にもぴったりな空間。
だからうれしかったのだ!!
 

プログラムNo.1は
シタールゆうごくんとのインド古典音楽。

はじめに、占星術の落合強さん(ホロスコさん)が、
演奏者の誕生日時からその人の生まれ持った性質を読み取って
キャッチフレーズをつけて紹介してくださるコーナーがあり、
私は、、、「臆病な冒険者」って、、、
…ううむ。言い得ていてなんだかくやしい気がする(笑。

p170422_2.jpg

ゆうごくんとの演奏はめっちゃ楽しかった!
ゆっくりしたパートの、丁寧でエモーショナルな表現がよかったし、
はやいパートの、アクセントずらしやシンコペーションには興奮して、
終始盛り上がりました。

p170422_3.jpg

p170422_8.jpg



プログラムNo.2は
Sag Chana さん ライブ

実は、対バンがサグチャナさんだったのでびっくりしたんだった。
かつては頻繁にイベントご一緒したり、一緒に音楽をつくっていた
同朋とも兄貴ともいうべき存在の彼ら。

こちらも落合さんによるそれぞれのキャッチコピーの発表からはじまり、
それがまた当たっていておもしろかった。

かっこいいリズムアンサンブルや安定感は健在で、
ワクワクしたり、改めて関心したり。
変拍子も、インド音楽のそれとは全然違うリズムの個性を持っていて。
…そういえば、今までダンサーさんと一緒に出演されているのを見てきたけれど、
こうやって音楽だけで聴けたのはめずらしいかも!
かえって音に集中できて深く聴けてよかったなあ、、と思ってしまいました。

p170422_4.jpg
 


そしてプログラムNo.3は
占星術×砂時計セッション。

落合さんの、今月の星読みと運気の発表。
そして中央に砂時計を設置して、
砂が落ちるまでの時間というリミット付きのセッション。
ゆうごくんの企画はオシャレですネ。

はじめは先が長く感じたけれど、途中から時間意識がなくなり、
最後はアレ?もう終わった!! な感じ。
客席ではどういう風に感じとられたのだろうか??

p170422_7.jpg

 
ゆうごくんの感性とこだわりが詰まった、
よきイベントでした。

profile

Ishida Shiori

Author:Ishida Shiori
石田紫織 プロフィール

Web Site

Mail

フォームよりお気軽にメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

Arcive

counter

Copyright © Ishida Shiori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。