スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月のライブ

■2/10(土)地球を巡る〜命の音
加藤貞寿 18弦シタールリサイタル
【場所】SKホール(新高円寺)
 住所:東京都杉並区梅里1-7-7 新高円寺ツインビル2F
 交通:地下鉄丸ノ内線「新高円寺」駅より徒歩1分。
    オーガニックワイン「マヴィ」前の階段より2階へ。
【時間】開場18:30 開演19:00
【料金】3,000円(ドリンク付)
【予約・問】info@sitar-teiju.com 080-6545-0790(加藤)
【後援】インド大使館
【出演】シタール:加藤貞寿、タブラ:石田紫織

ピクチャ 3


■2/16(日)第2回アジアフェスティバル
「煌めく音色シタール・タブラ他、多彩なインド楽器演奏」に出演します。
主催:北名古屋市国際交流協会
【場所】北名古屋市文化勤労会館
【時間】10:00~15:30
【料金】入場無料
【出演】《 JaganathRecords - IndianMusicProject 》
    シタール:吉田こうき、サロード:志村政広、
    バーンスリ:池ヶ谷亜木子、タブラ:石田紫織
    《 Yukie Indian Dance Company SAMPATTI 》
    オディッシーダンス/ボリウッドダンス:佐藤幸恵、他

20140216_festival.png

■2/28(金)
インド大使館「ICCRデー」で演奏します。
w/根岸フミエ(ボーカル)
スポンサーサイト

2/16 アジアフェスティバル@北名古屋市 ありがとうございました。

なんか…楽しかったです!!

北名古屋市の国際交流協会が「アジアを観る。アジアを食す。アジアを識る。」というテーマで企画されている「アジアフェスティバル」の第2回ということで、リーダーこうきさんの呼びかけで集まったメンバーによるユニット、題して「Jaganath Records Indian Music Projects〜 煌めく音色、多彩なインド楽器」。 シタール:吉田こうき、サロード:志村政広、バーンスリ:池ヶ谷亜木子 のみなさまと。

12月に予定していた練習はちょっとしたアクシデントで中止に。
そして1月初めの練習はちょっとしたアクシデントで時間が短縮。
その間、こうきさんの打ち込みラフをもとに、あれやこれやと内容を詰めて。
そして名古屋のアミット・ロイ先生のレッスン前に某所で集まって練習してから先生に見ていただいて、がっつりご意見いただいたりして…
2月に初めには瀬戸で集まってリハ。あれやこれや、また変更もあって。
本番1週間前のリハは雪で集まれず。

など、いろいろありましたが。

1948078_10202568881357680_1621658663_n.jpg
photo: kana-san

演奏は、午前の部はアヒルバイラヴ、午後の部はヘマント、across the 〜。

「キメ」や「仕掛け」が随所にちりばめられました。
インド音楽の大事なところをおさえつつ、創造的な表現を…
まさに、そんなプロジェクトだったと思います。
えっと、ざっくり言うと、即興的なそれぞれのラーガ&ターラ的表現と、
いっぱい練習しないと到底できない、構築されたアンサンブル。

時間をかけないでインスピレーションにまかせるものと
時間をかけてつくったものと、両方美しいですよね。
もちろん反省点や(特に個人的に!)課題は多いものの、
この感じ、続けていきたいと思ったのでした。

そして、メンバーのそれぞれが、
音楽に対するシセイといい、共演者に対する意識といい、演奏そのものといい、
私にはないスバラシイものをもっていらっしゃるなあと感心いたしました。
とても勉強になりました。

140216_1.jpg
なごやか〜な楽屋

140216_4.jpg
ご年配の方やお子様にもわかりやすいように「しおり」を作って配布。

140216_2.jpg
記念撮影。
実は「民族衣装を着て写真を撮ろう」のコーナー、のため金屏風。
かなさんにはいろいろお手伝いいただいて本当に助かりました〜。

140216_3.jpg
名古屋近郊は「からくり人形」で有名らしい。
本当は決まった時間(1日2回)だけしか出て来ない人形を
特別に見せて下さったので、はしゃいでます。

140216_5.jpg
佐藤幸恵さん率いるSAMPATTIの、オディッシーとボリウッドダンス。見応えあり。

140216_6.jpg
みんなで踊ろうの時間、盛り上がっていました。


帰りがけに、主催者の北名古屋市国際交流協会の方にお会いしたら(バタバタでご挨拶できなかった〜と思っていたら、駅でバッタリ!)、「いや〜面白かったですね!!あれは即興なんですか??ほほ〜ジャズみたいな感じだ!?」などと興奮ぎみにご感想をいただいて…それはそれは、音楽好きのお顔をしていらっしゃって、うれしくなりました。

地域発信の国際交流イベント、大勢のお客様が集まっていらっしゃいました。
たくさんのボランティアスタッフの方々もいきいきとしていらっしゃいました。
素晴らしい企画だと思います。
大変うれしいことです。
町ごとにやっていただいて…そしたらこのセットで巡業したいかも。


2/10地球を巡る〜命の音@SKスタジオ ありがとうございました

土曜日には30cmを越える大雪が降り、日曜日には都知事選が終わり…(*´Д`)=3
翌日の月曜日は、新高円寺SKスタジオで、加藤貞寿さんのリサイタルでの伴奏をさせていただきました。

会場はとてもよい響きで、天井の一部が吹き抜けになっていて光が差し込む気持ちのよいサロン的なホール。
貞寿さんは近年、ご自分のシタールの音色を極めようと、最上級の国産の材料と技術で改良を重ねていて(これがなかなかスゴイ)、今回は生まれ変わったシタールのお披露目会でもあったようで、この会場は最適でした。

140210.jpg
photo: nori-chan

前半はアーラープのみ1時間近くで、私も客席でシタールの音色を堪能。
ロータスさまからのオーガニックワインを振る舞っての休憩をはさんで、
後半はタブラ伴奏しました。
吹き抜けから降りてくる音色が気持ちよかったです。
ナットバイラブ、マンジカマージ、コウシキカナラと盛りだくさんでございました。

貞寿さんは、私がかれこれ12年程前インド修行に踏み出す際に背中を押してくれたキーパーソンでもありますが、その貞寿さんがインド修行をはじめるきっかけともなったキーパーソンの先生も今回会場にいらしていたとのこと。その先生にも当時見抜かれていた、破壊的そして創造的な一面があらわれた演奏会だったかも?!
貞寿さんは18弦シタール奏者として、今年はシタールのみでのソロ活動にも重点を置くそう。今後の楽器改良も楽しみですね。

終了時間の9時になっても「あと1曲〜」といって貞寿さんが弾きはじめたところに、オーナーのおばあちゃんが登場!対応してくれたスタッフの方によると、はじめは「時間オーバー困ります!とご立腹だったらしいのですが、あら?素敵な音色ですね…では聴かせてもらおうかしら…とだんだんご機嫌に、そして、まあ延長料金はいいですわ、と言われたらしい。

スタッフとしてお手伝いいただいたささださん、のりちゃん、ありがとうございました。それにしても国際的&オーガニック思考の仲間が集まってますね〜、もっと話ききたかったし。

profile

Ishida Shiori

Author:Ishida Shiori
石田紫織 プロフィール

Web Site

Mail

フォームよりお気軽にメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

Arcive

counter

Copyright © Ishida Shiori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。