7/26「夏は夜〜灯・響・舞〜」ありがとうございました。

お越しいただいた皆様、蓮勝寺のご住職、共演者のみなさま、ありがとうございました!
それぞれの心にぽっと火が灯されるような、とてもよい会になりました。

今回は参加者みんなでつくった幻想的な空間。
人はぞれぞれみんな、自分や家族や隣人や日本や世界の人々のために、いろいろ祈りたいことはあっても、なかなか改めて時間が持てなかったりするので、こうやって場を作れたのもまたよかったと思います。感無量。

みんな同じ内容じゃなくったってね、祈りの力って共振するかもね!

frommasaki6.jpg
みんな白でバシッと決まっている中で、
ひとり、仲間はずれ感のわたくし…
 
〜灯・響・舞〜 シリーズ 第二弾でした。
4月開催された「春うらら」が、大好評だったので、その場で7月の第二弾開催を決定。じゃ、「夏…」何にする?ってところから、会場選び、それから演目構成、セッションの曲作りまで、忌憚ない意見が交わされてきました。

会場の蓮勝寺は、毎年「音のちから 心のしらべ」という、音楽がメインのチェリティイベントを開催していたり(昨年出演させていただきました)、Naoさんによる「子どもカホン教室」を開催していたり、またご住職も笙をされていていろんな楽器とコラボレーションしたりと、本堂を、音楽と人の集まる場所、つなげる場所として積極的に開放してくださっている、ありがたいお寺です。 
 
natsu4.jpg
開催まで1ヶ月をきったころ、カラオケスタジオで集まり、それから蓮勝寺に場所を移して、リハーサルをおこないました。いろいろな意見も出つつ、こうきさんがかっこいいリフを出してまとめてくれてました。 
 
その後も前日まで修正案が重なり、最終的に全員の持ち味をいかせるような曲を書き下ろしてくれました。さすが!
全体の構成、曲の中身ともに、とってもいい感じの仕上がりに♪


1.点灯儀 (Masaqi × Koki × Harika)
2.JAGA-RANDA
3.HOLY SMOK☆Y
-- 休憩 --
4.キャンドルナイト・ご住職の笙演奏
 〜分灯による天の川に想いを込めて
5.セッション(T70)
6.セッション(al thalaatha)
7.アンコール(イマジン)

本番中の撮影はすべて by Masaqi
frommasaki7.jpg
JAGA-RANDA
 
frommasaki3.jpg
HOLY SMOK☆Y
 
Harikaさんの点灯式での衣装がインド風でかわいかったので、
休憩時間に記念撮影♪
natsu7.jpg

 
今回は、「お客様にも参加していただく」というコンセプトが大きくあって、おひとりおひとりがキャンドルに想いを込めて、天の川にみたてたスペースに置いてもらう、というシーンをつくりました。
HarikaさんとNaoさんのアイデアすばらしい。いつもみんなのHappyを考えているお二人らしい発想でした。

natsu6.jpg

frommasaki4.jpg
犬飼住職の笙の音に合わせて、
お客様はMasaqiさんに灯してもらったキャンドルを並べました。
 
frommasaki1.jpg
幻想的な天の川が描かれました。

frommasaki5.jpg
全員セッション。
お客様の手拍子も重なって、一体感がすばらしかったです。

▼▼ ダイジェスト映像をJaga-recoがつくってくださいました。▼▼

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

このメンバー、それぞれの個性がうまいこと作用している気がします♪ 
そこで、メンバー紹介をかねて、それぞれの魅力を書いてみます。

natsu2.jpg

Harikaさん
人徳ある魅力的な方。いつも女性のファンがいっぱいで、踊りはもちろんのこと、人柄にもホレて集まっている感じが伝わってきます。美しいひとでありながら、気がついたらなんでもすぐに行動してくれて、その動き回る姿を見て、ああ、私も厭わず動かなくちゃって改めて気づかされます。 今回も全体の統括、最終的な会計、さまざまな心配り、本当に感謝。バタバタになっても、決してテンぱったりしないところが、すごいな~ 心もキレイなんだな〜と思いました。

マサキさん
ステージデコレーションに関して、何も心配する余地もなく、いつもハッと気がついたらすばらしい空間が出来上がっています。白い大きいキャンドルと小さめの美しい色のキャンドルの配列バランスがいつも絶妙!少しの迷いを感じません。そして黙々と点ける姿にクールでありながら熱い天性のオーラを感じます。今回の点灯式でも美しい存在感をはなっていました。デコレーターとしてだけではなく、パフォーマーとしての魅力も感じています。
 
natsu5.jpg

なおさん
直感力がすばらしい方。大事なものが直感でわかっているなあと、今回も感動しました。人とのつながりをじっくりとあたためられているのも本当にすばらしい。おかげで私たちも急がずじっくり関係をあたためられて来たと思うし、なおさんとご住職との関係もあったからこその、今回の蓮勝寺での開催でした。みんなが幸せなように、ってごく自然に思える感性を持っていて、そんな音色を奏でられるひとだなあと思いました。
 
ロードさん
安定したベースを叩いてみんなを支えてくれたり、ちょいちょいスゴ技を繰り出したり、一緒に奏でて改めて思ったけど本当に頼もしい!演奏はがっつりアグレッシブ&キレキレでありながら、楽屋では、ほんわかしてたり、和ませてくれたり、そのギャップに、とっても癒されました。 皆が意見を出し合っているようなときも、一歩引いたところでしっかりと受け止めるスタンスもまた然り。グルーブをキープしてくれてるんだろうな。
 
natsu3.jpg

こうきさん
いつも最終的にまとめてくれて感謝!経験からくるアドバイスにはいつも助けられます。全員セッションの曲よかった〜!短時間にも関わらずすばらしいディレクションでした。当日まで心配はありつつ、本番でやってみたら、すばらしいセッションになって、ああ~この仕上がりがちゃんと見えてたんだな~と感心。それからPA、今回も音がよかった。誰よりも好きな音作りをしてくれます。最後のひとことにも、みんな感銘を受けてました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
このシリーズは、これからも続く予定。
是非、次回も、体験しにいらしてください。

ありがとうございました!!

frommasaki9.jpg

7/19 「back to nature」ありがとうございました。

四谷の喫茶茶会記にて行われた「back to nature」。
歴史あるイベントに、そして大盛況の中、出演させていただき感謝感激でした。
お集りいただいたみなさま、茶会記のみなさま、そして共演者のみなさま、ありがとうございました!

20150721_1707744.jpg
撮影:喫茶茶会記さま、Thanks!

↑見て見て!! 堀ちゃんと同じカラーリング!!!

「Back to nature concert」は、1984年に第一回が行われ、その後毎年、1992年まで続いたインド音楽のコンサート。新宿の超有名老舗インド料理店「ボンベイ」の経営でも知られる「東京ジューキ食品株式会社」主宰「ダージリン会」によって、「インドで学んできたひとたちに発表する場を提供できれば、そして近隣の国々の文化を理解する機会をより広げてゆければ」という主旨で開催されていたそうです(チラシより)。

そして「東京ジューキ食品株式会社」の山岡さんと深いつながりのある「喫茶茶会記」オーナー福地さんご夫妻によって、今回、20年以上のブランクの後、第10回が開催されたのでした。

喫茶茶会記は、ちょっと上級な藝術を楽しむサロン的空間、といった雰囲気。こちらでの出演経験が豊富なシタールの井上さん、まり絵さん、悠宇吾さん、そしてバラタナティヤムの堀友紀子さんとご一緒させていただきました。


さすがに5人のスケジュールとなると、なかなか合わせるのも大変でしたが…、わりと直前にはなってしまったものの、うまい具合に全員とそして茶会記のスケジュールが調整できて、会場で打ち合わせ&リハーサルをしました。

sakaiki.jpg

福地さんのアイデアで、ティガルバンディ(シタール3人!)だけでもめずらしいのにトークショーや北インド音楽と南インド舞踊とのコラボレーションなど、みんなほとんどやったことのないことに挑戦することになりましたので、微妙な緊張感が…(笑。

 
そして当日の演目はこちら。

1.堀さん、福地さんによるトーク
2.「インド古典音楽ティガルバンディ」
(raga jhinjhoti、tintaal)
3.井上、手塚、田中、石田、福地さんによるトーク
-- 休憩 --
4.堀さん「インド舞踊バラタナティヤム」
5.坪井さん「カシミールでの活動報告」
6.全員セッション
(raga kirwani〜rhythm composition〜raga kirwani)

20150721_1707724.jpg
撮影:喫茶茶会記さま、Thanks!

sakaiki2.jpg
撮影:川尻さま、Thanks!

ティガルバンディは、かなりエキサイティングでした。
さすが!のキレッキレの演奏でぐいぐいひっぱる井上さん。
安定感のある丁寧な演奏で真摯に応えるゆうごさん。
ゆったり、そしてキラキラした演奏で応えるまり絵さん。
「キャバッ」が飛び交いながらの、3人の会話を堪能しました。

そして堀さんのバラタナティヤム。
かっこいいな〜
sakaiki3.jpg
撮影:川尻さま、Thanks!

…と、うっとりするわたし…
sakaiki4.jpg
撮影:川尻さま、Thanks!

今回このような演奏会が開催されて、出演させていただけて、新しいことにもチャレンジできて、またご興味をもったお客樣方と出会えたのも、これまでに努力されてこられた先輩方や、応援してこられた方、インド文化を広く知ってもらおうと努めてこられたたくさんの方々のおかげ。
改めて感謝の気持ちになりました。

今後も、第11回、12回…と続きますように!

7月のライブ

■7/10(金)朗読&音楽Special LIVE Vol.2! 〜小川未明〜
【出演】‎石倉正英(朗読PF)&石田紫織(タブラ)&吉田こうき(シタール) 
【時間】19時開場(20時頃開演)
【場所】The organic & Hemp Style Cafe & Bar 麻心
 住所:鎌倉市長谷2-8-11 2F TEL : 0467-38-7355  
 交通:江ノ電「長谷」駅歩5分
【チャージ】2000円
【ご予約・問】090-8511-6865 info@r-lune.jp(紅月劇団)
【演目】小川未明「羽衣物語」、他

美しくて怖く、優しくて切ない、小川未明の海にまつわるお話を、
由比ヶ浜を一望するカフェ・麻心でインド音楽とともに。
初夏の夜のちょっと異色な朗読PF&インド音楽Live!

11707824_449980128496576_6394573225444768476_n.jpg


■7/12(日)Special Live Dinner Vol.8
"インドバイオリンとタブラの夜"
【出演】金子ユキ(バイオリン)、石田紫織(タブラ)
【場所】デリーダイニング
 住所:横浜市中区山下町207 関内JSビル 1F
 交通:根岸線「関内」「石川町」各駅歩6分
【OPEN】17:30より 演奏開始までお食事をお楽しみください
【演奏開始】20:00(演奏予定時間90分程度)
【ミュージックチャージ】¥2000(おひとり様)
 ※お食事のオーダーをお願いいたします。
  当日はお得なセットメニューのご用意もございます。
【定員】26席限定 予約制
【ご予約】Facebookでの参加メッセージ、またはお電話にて
 TEL:045-633-9393 (デリー・ダイニング)

yukishiori.jpg


■ 7/16(木)インド古典音楽ライブ
【開場】 19:00 【開演】20:00
【場所】音や金時
 住所:東京都 杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1
 TEL: 03-5382-2020
 交通:JR中央線・総武線・地下鉄東西線「西荻窪駅」北口歩3分
【料金】¥2500
【出演】井上憲司(シタール)、石田紫織(タブラ)


■ 7/19(日)
喫茶茶会記企画第三回・Back to Nature Concert vol.10
天竺南蛮情報 回帰コンサート ~自然に還る~

【開場】 14:00 【開演】17:00
【場所】綜合藝術茶房 喫茶茶会記
 住所:新宿区大京町2-4 1F
 TEL : 03-3351-7904 (営業時間のみ応対可)
 交通:丸ノ内線「四谷三丁目」駅徒歩3分
【料金】¥2000(1drink込)
【出演】井上憲司(シタール)、手塚まり絵(シタール)、堀友紀子(バラタナティヤム)、
 田中悠宇吾(シタール)、石田紫織(タブラ)、
坪井久人(カシミール支援活動報告)
【予約・問い合わせ】sakaiki@modalbeats.com

150719f.jpg

150719b.jpg


■ 7/26(日)夏は夜 ~灯・響・舞~
【開場】 18:30 【開演】19:00(終演 21:00ごろ)
【場所】蓮勝寺
 住所:名古屋市千種区池上町2丁目39
 交通:東山線/名城線「本山駅」1.2番出口 徒歩約12分
【料金】予約¥3000 当日¥3500
【出演】吉田こうき(シタール)& 石田紫織(タブラ)
 HOLY SMOK☆Y
 キャンドル演出 Masaqi (Candelalia)
 舞い Harika
【出店】ドリンク 薬草Labo.棘

即興音楽ユニットと陰神(めがみ)のベリーダンサーの舞を楽しむキャンドルナイト 第2弾は、皆様を幻想的な天の河でお迎えし 夏の宴へと誘います。
今回は みなさまに空間創りのお手伝いをしていただく演出も用意しております。
これはperformanceではなくpray for us うっとりするような日曜日の夜を共に過ごしましょう。

また売上の一部はProducts for Peace活動として 一般社団法人 aichikara (あいちから) に寄付されます。
詳しくはこちらをご覧ください→http://www.step-aichikara.com/

150726f.jpg

150726b.jpg






profile

Ishida Shiori

Author:Ishida Shiori
石田紫織 プロフィール

Web Site

Mail

フォームよりお気軽にメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

Arcive

counter

検索

Copyright © Ishida Shiori