スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピクニック♪ & 期末テスト!!

今日はグルジーの弟子たちの楽しいピクニック♪
3年目の参加♪ (1年はやいなあ…)

しかし!大学では 3rd sem の期末テストの最終日!

…これは両方出るしかないでしょう。。。
まあなんとかなるでしょう。。。

ということで

8:00 集合!今年も貸し切りバスに乗り込みます。

p161230_1.jpg

バスに揺られて2時間あまり
(隣の席が知らない無愛想なおじさん…(グルバイなのか!?)でちょっとツラかった…)

p161230_2.jpg

10:00 到着!

p161230_3.jpg

ピクニック会場は昨年と同じ、ダンクニのちょっと先のエリアにある広い公園。

さっそく遊ぶひとたちも…

いやいや、まずは腹ごしらえでしょう。
 
p161230_4.jpg

p161230_5.jpg

別の車で先回りしていたケータリングチームによる Break fast。


グルジーの話を集まって聞いたり…

p161230_7.jpg

p161230_6.jpg


11:00 もう出発しないといけない時間! 





p161230_8.jpg

よくわからないまま、ジャナイロードという駅まで来た…
ここから奇跡的にスムーズに移動。我ながら天才かと思った(笑!

12:00 大学到着!
器楽科のテスト「オーケストレーション」でタブラ伴奏するため、リハーサル〜

p161230_9.jpg

p161230_10.jpg

器楽科のパフォーマンスが終わったら、
今度はパーカッション科のテスト「ターラバッディヤケチョリ」で太鼓アンサンブル。

p161230_11.jpg

p161230_12.jpg

ふう、なんとかテストも無事に終わった。
さあ、ダンクニに戻るぞ!





16:00 バスでダンクニ駅に到着。
ここからどうやって行くんだ??
あの辺の地理に詳しいグルバイ・ジシュー父から、
TOTOドライバーに電話で説明してもらい、
「急いで〜」とお願いして、のどかな道をひた走る。

p161230_13.jpg


16:30 会場に戻ってこられた〜
私のためにケータリング片付けないで待っていてくれた(涙

p161230_14.jpg

p161230_15.jpg

p161230_17.jpg

17:30 日も暮れてきたし、みんなバスに乗り込んで帰宅。

なんだかこのあと、ジシューの家自慢?とか余計なオプションはあったものの、
とりあえず無事に1日過ごせてよかった。

p161230_16.jpg




スポンサーサイト

re-rhythm 見に行った

テストのあと、
グルバイグループ「Re- rhythm」の演奏を見に行った。
アンダルソンクラブにて。

IMG_1741.jpg


グルジーの息子や、アッサムから移り住んで来たリックなど、
20歳以下のジュニアメンバーたち。
しかしみんなめちゃくちゃ上手い。
そしてグルジーのコンポーズがまたすばらしいので、
打楽器だけのアンサンブルとは思えないすごい広がりを感じる。

クラスメイトの活躍

マシマがいつも見ている
オーディション型の歌音楽番組「SaReGaMaPa」に、
クラスメイトたちが出演していた。

IMG_1719.jpg

IMG_1722.jpg

IMG_1728.jpg

ジャンベ、ダラブッカ、カホンなどは、
コルカタではまだまだ珍しい楽器のよう。
MCからは質問攻めにあっていた。

3rd.. exam

2週間にわたる大学の期末試験も佳境に。

プラクティカル(実技)のテストでは、連日、
クラスメイトの超絶上手い演奏を覗き見しては
実力の差に呆然としたり…

パンチャンサワリ(15拍子)準備して行ったのに
試験官に「ティンタールでなんかやって」と言われて、
動揺してパンチャンサワリとマッタタールやって
失敗して撃沈したり…、

意気消沈してバルカンハウスに寄ったら、
ヒロコさんが甘い抹茶でなぐさめてくれた。

p171226.jpg

ありがたや。

クリスマス in コルカタ

メリークリスマス!

p161225.jpg

マシマに、小さいクリスマスをプレゼント。

クリスマスイヴ in コルカタ

コルカタのクリスマス事情をご紹介。
近所のショッピングモール(ハイランドパーク)にて。

p161224_1.jpg
安定のインドクオリティ。怖いです。

p161224_2.jpg
メイン広場には若干マシなサンタさん。

p161224_3.jpg
全体感。みんなヘンテコサンタと写真撮ってる。

p161224_4.jpg
だいぶんマシなのもあります。

今日の新聞

新聞にザキールジー。

p161222.jpg

ドッグショーが流行っているらしい

昨年の2月頃に、下の階に住むディディ(グルマ姉)の家にやってきた
ジャーマンシェパード。GSD ジー・エス・ディー。
日本ではこの略し方は聞いたことがなかったけど。

その名もシーザーくん。
ドッグショーに出たら、優秀で、いっぱい賞をもらってきた。

p161218.jpg

新聞にも載っている。
下のファミリーもマシマも、我が子の快挙に興奮している。。

p161221.jpg


今、コルカタでは空前のペットブームではないかと思う。
ストリートドッグの横を、毛艶のよい血統書付きの犬が散歩しているのをよく見かける。

「An introduction to Indian Music」

12月に入ってからは、テスト勉強〜〜ひ〜〜

ついに、アマゾンindiaで購入。
「An introduction to Indian Music」

p161216.jpg

日本のインド音楽奏者が皆、バイブルにしている
「インド音楽序説」中川博訳
の、元であろうと思われる、B.C.DEVAの著作。

照らし合わせて見ても、やっぱり同じ!
これを翻訳してくださったのか〜 すごいな。

しかし、アマゾン、早くて便利だったな〜

30th Salt Lake Music Festival 見に行った

グルマが、師匠サンジュクタ・ゴーシュさんのステージで
サポートをされるというので、
連れて行っていただいた。

サンジュクタ・ゴーシュさんは、
かのタブラマエストロ、シャンカール・ゴーシュの奥様で、
グルマは彼女の下で10歳の時から習っているそう。

p161213_2.jpg
背景幕には、今年1月に亡くなったシャンカール・ジーと、
やはり今年2月に亡くなったAbdul Rashid Khanジーの写真が。

タブラアカンパニーは、シャンカール・ジーの弟子で
RBUの教授でもあるポリマル・サー。

体調がよくない状態が続いていらしゃる中での
パフォーマンスだったそうですが、
それをしっかり支えるグルマとの師弟愛が美しかったです。

p161213_1.jpg
 
 
p161213_3.jpg

「gharana presents "Aalap"」見に行った

グルジと Abhisek Lahiriさん(サロード)の演奏を見に、
エアポートよりさらにちょっと北の、Madhyamgram へ。
(グルジの車に乗り込んで…この日の弟子メンバーは、アニルッド兄さん、タンモイ兄さん、リック、バンガロールからの新弟子。そしてリード)

ウスタッド・アクラム・カーンのタブラソロもあって、めちゃくちゃ見たかったけれど…
袖からチラ見。

161204_1.jpg

161204_2.jpg

Pt. Aloke Lahiri の企画イベントのようでした。
彼の息子であるSri Abhisek Lahiri は、次世代の星に間違いないですね。
演奏、かなりノッテました。Ragaは Jinjoti。
最近(2012?)来日公演もされているよう。
情報をちらっと見ていたように思うけれど、行かなかった。
日本にも本当によいミュージシャンがたくさん来ているのだなあ。

そしてグルジーのアカンパニーは、
もうなんだか本当に
アメイジング、でした。

profile

Ishida Shiori

Author:Ishida Shiori
石田紫織 プロフィール

Web Site

Mail

フォームよりお気軽にメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

Arcive

counter

Copyright © Ishida Shiori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。