スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルダラ(ギリダリ・ジー)クラス

念願の、、、
マルダラのレッスンをコルカタで受け始めることができた。
 
p170718_1.jpg
 
ギリダリジーは、RBUのダンスデパートメント、オリッシーダンスの先生です。
どのインド舞踊でも、男性のダンサーは、太鼓も叩く方が多いようです。
はじめにご挨拶に伺った時と、前回クラスと、グルプルニマにご挨拶に伺った時と、今回。
まだ4回目だけれど、、、


p170718_2.jpg

毎回、ごはんや軽食を出してくださいます。
いただきます。。

日本への興味津々なご様子。
スポンサーサイト

グルジ@バラナガル・ラビンドラ・ババン 見に行った

Ragranjani というアソシエーション主催の
コンサートを見に行った。

p170716_7.jpg

コルカタの音楽団体のグラフィックや制作物って
こう言ってはなんだけれど、未熟だなあと思うのが多い中…
ここのはまあまあしっかりしていて、全体的に期待が持てる感じ。
音楽学校&音楽イベントオーガナイズ&その他いろいろされている
比較的新しい組織のようす。

p170716_1.jpg

今回はめずらしく北コルカタの会場で、
今の下宿先から近いし、
当日ふらっと見に行こう、なんて油断をしていたら、
チケットは早々にSold Out。
慌ててグルマーに連絡をして、会場で入り待ちをして、
グルジーご一行とともにグリーンルームに入れてもらった。

グリーンルームも人がいっぱいだったので、
ちょっと遠慮して、他のプログラムでも見て待っていようと
客席側に移動しようとしたら、
扉前でも2重にチケット確認のスタッフを配置しているほどの
なかなかのセキュリティー。
通してもらえず。。。
 
しかも結局、空席がない程の満員御礼、、ということで、
はじめのうちはグルバイたち4~5人とともに
舞台袖で見ていた。

p170716_2.jpg

そのうちグルバイが空いている席を発見してくれて、
途中から客席に移動。

やはり雨季のラーガで、ミヤンキマルハール、
それからダマール。
 
デジェンさんとグルジーの演奏、いつもながら興奮する、、、
思えばこのセッションを見たから、
グルジーへの弟子入りを決めたんだった。

p170716_3.png

p170716_4.jpg

いつも凄いテクニックのグルジーなのだけれど、
テジェンさんのアカンパニーのときには
またちょっと違った表情&表現をされる。

テジェンさんも楽しそう。

また憧れで胸がいっぱいになった。


さて、
いつもは演奏後、15分もしないうちに
ささっと会場をあとにするグルジーだけれど、
今日は最後がpt.オジョイ・チャックラバルティーの
リサイタルだったので、
皆様、ファミリーとご一緒に、
舞台袖で「バッ」などとおっしゃられながら、
ご覧になっていらっしゃいました。

ボーカルクラス10 & 誕生日翌日

今日はグルマのボーカルクラスへ。

「クラスのあと寄ってね!」とマシマが言ってくれていたので、
家に寄ると、バースデーランチ会をしてくれた。

p170714.jpg

プレゼントに、素敵な服をいただいた。

あとから聞いたのだけれど、
グルマとマシマで一緒にグルジの家の近くのブティックに行って
選んでくれたらしい。
足が痛くてほとんど家を出ないのに、、、
ありがとう〜〜 おばあちゃん。
大事にします。

GuruPurnima グルプルニマ

p170709_5.jpg
 
7月、、ヒンディ歴だとAashad月の最初の満月の日、、
正確には、夏至が終わって最初の満月の日は、
グルプルニマ。
師匠に感謝する日です。

ブッダが最初に説法をした日?とか、
師匠の元を離れ、いろいろなところに布教のために散らばった弟子たちが
この日には師匠の元に帰ってきて、しばらくまた修行をして、
そしてまた散らばっていくのだ、とか、、、

諸説あるようですが、
こういう、宗教を超えて、
師匠に感謝する日というのがあるというのは
本当に素晴らしいことですね。


グルジのところでは、毎年、
グルプルニマ・プログラムが開催されます。

(( 何着て行こうかな〜
サリーは大げさかなあ、、演奏するわけでもないのに…))
とか考えていたら、前日にグルマから一斉メールで
「みんな!インド式の正装をしてくるように!!
男子はクルタで女子はサリーかサルワルカミューズね!!」
とのお達しが。

はい。サリー。決定。
先日シャンティプールを訪ねた時に、
クンタルのお母さんがくださったもの。
あわあわしていたら、パンピーがささっと着付けしてくれた。

p170709_8.jpg

あ、そうそう、
サリー来て、バス乗って途中下車とか絶対無理だな、と思って、
朝イチでシャンバザールまでミスティ買いに行ったんだった。
このサイトで吟味して…
http://www.thebeaconkolkata.co.in/sweet-shops-of-kolkata/
老舗「シェンマハシー Sen mahashay」のミスティ、箱詰め。
それから花束も用意して。
 

プログラムは、いつもの上手なボーカル女子。

p170709_1.jpg

それから、プリタムのタブラソロ。

p170709_2.jpg

あと何かあったかも、、忘れた。

とにかく、こういう時に選ばれるグルバイたちが羨ましくて。
結局選ばれるくらいにうまくならないと、
感謝を表すこともできないんだよなあと、、、。
結局、グルジに感謝しようと思ったら、うまくなるしかない。
噛みしめました。 
 
  
そして最後は、最後まで残っていた人の特権の時間。
21:30をまわってから、グルジとグルマの演奏。

p170709_3.png

そう、これを見るために、今日はマシマのお家にお泊まりです。
滞在先のバルカンハウスに帰ろうと思ったら、20:30には出ないといけないもんね。。
 
師匠に感謝する日なのに、
結局、師匠からエナジーをもらってしまうという。。。
堪能しました。
 

記念撮影いっぱい。

p170709_4.jpg
 
p170709_7.jpg

p170709_6.jpg

profile

Ishida Shiori

Author:Ishida Shiori
石田紫織 プロフィール

Web Site

Mail

フォームよりお気軽にメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

Arcive

counter

Copyright © Ishida Shiori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。