スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.21 冬至キャンドルナイト・スペシャル@シュクラハラジュク

冬至の日は、原宿のヨガスタジオ、シュクラさまで、
とても素晴らしいキャンドルナイトでした。

シュクラ主宰のmichikoさんと初めて出会ったのは、今年の、ちょうど夏至の日。オディッシーダンサー祥子さん宅でのパーティでお会いしました。
実はそのちょっと前に、昨年も来日されたジェフリー・ゴードンさんのキルタンWS&コンサートの伴奏の話をいただいていて、いくつかの会場の中に「シュクラ」もあったので、どういうところかな?と思っていたところでした。それで、わあすごい!よろしくお願いします!!と盛り上がったのでした。

しかしながら、ジェフリーさんの来日は彼のご都合で延期となり、それから間もなく10月にはジェフリーさんの訃報が届き、再来日が叶わなかったのです。
クリスタルボウルのmomoyoさんと出会ったのは、10/29に行われたジェフリーさんの追悼会ででした。それぞれジェフリーさんとは別の時に会っていましたが、ジェフリーさんが繋げてくれたご縁を大事にして、あの音楽で心がひとつになる感じを受け継いでいけるといいね、と話していたのでした。

カタックの恵さんと初めて出会ったのは、もっとずっと前。2007年にコルカタででした。インドでも日印交流式典で踊るなど意欲的に活動されていて、日本に帰って来てすぐの公演の時には受付のお手伝いをした記憶があります。ちなみにその公演では、井上憲司さんがシタールを弾かれていました。
それからしばらくご無沙汰していたのですが、今年の11月に同じイベントに出演したことでご縁が復活したところでした。

シタールの井上憲司さんは、それはもう言うまでもなく、私がインド音楽をはじめた時からの大先輩ですから。
でも今年何度かご一緒させていただける機会があって、ありがたく思っていました。


そんなわけで、冬至の日、あのメンバーの中で、シュクラさまでのイベントに参加できたというのは、すごい流れなのでした。


終始よいバイブレーションに包まれ、とても気持ちのよい瞑想を体験しました。
瞑想もヨガも音楽も、同じ目的ですね。

121221_5.jpg


めずらしく、カメラを持っていたので、撮影しました。
2012-12-21

profile

Ishida Shiori

Author:Ishida Shiori
石田紫織 プロフィール

Web Site

Mail

フォームよりお気軽にメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

Arcive

counter

Copyright © Ishida Shiori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。