スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/10(水) sorto&nodo「煩悩108」レコ発LIVE

いよいよ近づいてきました。
憧れのsorto&nodoの
CD&ハイレゾ音源リリースライブ@Super Deluxです。
数曲ゲストで参加させていただきます。

sorto2.jpg


sorto&nodo

超かっこいいサウンドデザイナーのご夫婦ユニットです。
初めて見たとき、他のどんなエレクトリック系とも違う音楽に釘付けのわたくしでした。

打ち込みelectricsの上で繰り広げられる
AOさんのギターやキーボードやELECTRIBEを駆使した演奏が
なんともロックでポップで、心にしみるものがあります。
と思ったら、AOさんは、バンドのサポートでギターを弾かれたり、
ご自身で弾き語りもされているので、情緒深い表現がベースにあるのです。

そして、なんだろう、この他にない感じ…
と思ったら、
yasukoさんの演奏。
フィールドレコーディングの素材を、曲に合わせてチョイスして
ライブで鳴らしていくんですが、これがまたびっくりでした!
音にとことんこだわっている独自の技法です。

sorto3.jpg


フィールドレコーディングに関しても、
サウンドエンジニアのAOさんだからこその
すばらしい&マニアックなものばかりで、
うわっなんだこれ〜!!と驚きの連続です。

私が参加させていただく曲では、
声明、遠雷、蝉の声、ニースの教会の響き、などなど
どれもハイクオリティーな音が、曲中にいろいろ飛び出します。
そしてそれが見事に音楽になっています。

動画貼ってみます。


私もelectricを駆使して…な〜んて思いましたが、
ここは素直にタブラひとつで挑みたいと思います。


Super Deluxの最高の音響環境で、サラウンドで聴ける
…というか音に包まれることができるというこの機会。
本当に贅沢です。

まだ聴いたことのない方も、
多くのみなさまに体験していただきたいです。
どうぞお見逃しなく!!

Super Deluxのサイトから予約すると、プレゼントがもらえるそうです!
https://www.super-deluxe.com/room/3903/


ちなみにCDタイトルは「煩悩108」。 
お二人の年齢を合わせて108歳だから、だそうで、
やっぱりハイセンス!

CDを買うと、SDカードがついていて、
CDでは表現出来ない音をPCに入れて聴けるそうです。


私のことばじゃ、どうも足りなくて、伝わりきらないと思うので、
Super Deluxのサイトにあった紹介文を転載します。

 2007年カンヌグランプリをとった”殯の森”そして昨年公開された”二つ目の窓”やCMの録音/mix、さらに2009年パリルーブル装飾博物館で展示された”花の屍”の12ch surround作品の制作、さらにはPA関係のengineer等、音に関して全て行うfield recording engineer AOが作ったunit。

 2008年山形龍岩祭で突発的に出来、2011年から本格的にLIVE/制作活動を始めたsorto&nodo。engineerとしてもよくsuper deluxeで夫婦でPAをやっており、以前はsurroundのevent"space echo deluxe"をレギュラーで行っていた事も有り、super deluxeとの関係も深いAO夫婦。そのunit"sorto&nodo"の1st albumがついに完成。縁多しsuper deluxeでのリリースライブとなる。

 baseはelectronica/dub technoだが、音楽とは別の要素、いわゆる効果音を音楽の一部の要素としてmixしていく手法は、AO夫婦がこよなく愛するENIGMA,ORBの影響が見え隠れするものだ。
 音楽部分はAOが担当、field recording engineerであるAOの録音した膨大なsound effectやAOが芝居などの仕事でsound designした音の断片をyasukoがchoiceし、一見keyとかとは無関係な素材を、まるでsynthのようにmixしていく。楽曲だけでは作れない音が出現してくるのだ。それがsorto&nodoの音。mix手法はまるで映画のよう。1曲1曲がshort filmみたいなmix。これもsorto&nodoならではの音。昨年カンヌ映画祭に招待された時にniceで録音した音源も多く使われている。

 今回のalbumは形はCDだが、実際は表面に張り付いているSD cardがmain、ここには非圧縮の96k24bit wav fileがはいっている。CDでは表現出来ない音を是非ともPCに入れて聞いて欲しい!
ちなみに108の意味は、CDをつくった時点で二人の年齢合わせて108歳、の意味。

 エスペラント語で"sorto"は運命、天命、巡り合わせ、"nodo"は結び目、絆を表す。

 そしてopening actはshelling。以前からレコ発の時は是非とも、とおもっていたunit。DJはAOのeventには絶対に欠かせないDJ kiori、映像は岸本智也、PAは私のよきライバルでもある大城直哉君、とsorto&nodoには欠かせないmemberが集まってくれた。

今回は当然5.0 surroundはmainで、さらに両sideを包み込むようにspが配置される。どこにいても音に包まれるdesignを考えている。sorto&nodoのLIVEはplayer側でsurroundをコントロールする、そんな一夜です。


■6/10(水)sorto&nodo「煩悩108」レコ発LIVE
【出演】sorto&nodo
ゲスト: 石田紫織 (tabla) 、shelling 、DJ kiori 、 岸本智也 、 大城直也
【時間】開場 18:45 / 開演 18:45
【場所】super-deluxe
住所:東京都港区西麻布3-1-25 B1F
交通:日比谷線/都営大江戸線六本木駅3番出口より徒歩5分
【料金】予約2000円 (特典アリ) / 当日3000円 (ドリンク別)
【ご予約・問】super delux web

profile

Ishida Shiori

Author:Ishida Shiori
石田紫織 プロフィール

Web Site

Mail

フォームよりお気軽にメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

Arcive

counter

検索

Copyright © Ishida Shiori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。