Rajuさんと練習

Ishida Shiori

-
午前中の練習をひと通り終えて部屋を出ると、
ダイニングルームに紳士的な笑顔のインド人が立っていた。

シュンさんのグルバイ(ナグジーの弟子)にあたる
シタール奏者、ラジュさん。
ヒロコさんも彼のことはよく知っている様子。

話すと、とってもフレンドリーで、
いつかうちに遊びに来て!練習しよう! と。
 
そしたら、シュンさんが、
「いや、いつかじゃなくて、今やったら?」 と。
それで急にちょびっと練習ご一緒させていただくことに。
 
p170617_1.jpg
油断していたから変な格好。
 
少し前までは、急に練習なんて
「イヤ〜、ムリムリ。心の準備ができてから…」
って感じだったのが、
今は、学びたい気持ちと楽しみたい気持ちが勝って、
恥を忍んで飛び込んでいけるようになったような、、
少しは進歩したのかも。

p170617_2.jpg

ラジュさんのシタールはうたごころをとても感じる演奏で、
あ〜もう少しやわらかい軽い音でアカンパニメントできるといいのになと思った。
ずっと気になっていた自分の欠点に改めて気づくきっかけとなって、
ほんとにありがたい。
Posted byIshida Shiori