FC2ブログ

5/12@築地本願寺講堂 ありがとうございました

Ishida Shiori

-
「皐月の音 菖蒲舞 初夏の風」無事に終了いたしました。
ご来場いただきましたみなさま、共演のみなさま、誠にありがとうございました。
  
p190512_5.jpg

築地本願寺にて、浄土真宗僧侶の雲居隆栄さんを中心に、
半年に一度開催されていた「横笛と声明」シリーズ。
今回も出演させていただくことになり、3月、5月頭にはリハーサルを行っていました。


p190505_1.jpg
1週間前の最終リハーサル。

しかし、

当日の2日前に雲居さんの交通事故の連絡が。
命に別条はないものの(本当によかった!)、
入院のため出演はできないとのことで、、

そこから怒涛の1日半。

出演者メンバーへの意思確認からはじまり、
宗派の僧侶による宗教行事が条件の会場で、この状況で開催が可能なのかどうか、
御本尊の仏壇の扉を閉めるか否か、
会場レイアウトの変更、
照明の変更(照明多数使用案から自然光案へ)、
音響の変更、
キャンセルになった司会の穴埋め、
お経に替わるテーマの共有、
そして演目の変更についてのディスカッション。
 
 
当初
第一部 日没礼賛
第二部 シタール、タブラ、ディジュリドゥのかがやき
第三部 阿弥陀経

の予定が、

第一部 笛と打物
    (書:副題「皐月の音 菖蒲舞 初夏の風」)
    (舞:菖蒲舞 他)
第二部 シタール、タブラ、ディジュリドゥのかがやき
    (書:鑠鑠)
    (舞:アメノウズメ 他)
第三部 合奏
    (書:曼荼羅、「導」)
    (舞:書を纏って、透ける布を使って)

出演
笛方:福原清彦、鼓・打物:福原大助、
シタール:田中悠宇吾、タブラ:石田紫織、ディジュリドゥ:鴫原
舞:まつながまき、書:白石雪妃
 
というように変更になりました。
 
p190512_3.jpg
 
不測の事態ではありましたが、
いろいろな現場をこなしていらした出演者の皆様だからこそ、
そして、これまで何度も試行錯誤しながら共演を重ねていた皆様とだからこそ、
なんとか開催ができたのではないかと思っております。
 
自分としては、探り探りになってしまった部分はありましたが、
共演のみなさまのパフォーマンスには目を見張りましたし、
美しい作品が出来上がっていくのを見て感動しました。
 
会場も、自然光の効果か、はたまた福原さんの司会の効果があってか、
いつもよりアットホームな雰囲気に包まれていてほっとしました。
感謝。
  
 
以下photo、雪妃さんFBよりお借りします。

p190512_1.jpg

p190512_2.jpg

p190512_6.jpg

 
終演後、撤収時に、
葬儀が行われていた隣の第二伝道会館から聴こえてきた
「往生礼讃」が美しくて心に響いた・・・
「日没礼讃」か「初夜礼賛」でしょうか。
 
 
雲居さまの1日も早いご回復を祈っています。
 
Posted byIshida Shiori